M.S.G モデリングサポートグッズ 国内在庫 メカサプライ08 エクスアーマーB プラモデル MJ08 コトブキヤ ホビー , プラモデル・模型 , その他,メカサプライ08,digitscript.in,エクスアーマーB【MJ08】,495円,モデリングサポートグッズ,/mou4482329.html,M.S.G,プラモデル,コトブキヤ M.S.G モデリングサポートグッズ 国内在庫 メカサプライ08 エクスアーマーB プラモデル MJ08 コトブキヤ ホビー , プラモデル・模型 , その他,メカサプライ08,digitscript.in,エクスアーマーB【MJ08】,495円,モデリングサポートグッズ,/mou4482329.html,M.S.G,プラモデル,コトブキヤ 495円 M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーB【MJ08】 プラモデル コトブキヤ ホビー プラモデル・模型 その他 495円 M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーB【MJ08】 プラモデル コトブキヤ ホビー プラモデル・模型 その他

M.S.G モデリングサポートグッズ 国内在庫 《週末限定タイムセール》 メカサプライ08 エクスアーマーB プラモデル MJ08 コトブキヤ

M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーB【MJ08】 プラモデル コトブキヤ

495円

M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーB【MJ08】 プラモデル コトブキヤ















【返品種別B】
「返品種別」について詳しく
2017年11月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
※実際の商品に「メカサプライ08 エクスアーマーB」以外の商品は付属しません。



【商品紹介】
コトブキヤ M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーBです。

メカサプライシリーズに、ユーザーからの要望が多かった「曲面タイプの追加装甲」が登場。
「エクスアーマーB」の商品コンセプトは、フレームアーキテクトに対応した甲冑風アーマー。
「エクスアーマーA」と組み合わせることで曲面を強調したシルエットをお楽しみいただけます。
装甲の取り付けに便利な拡張ジョイントが多数付属するので、様々な箇所への取り付けもできるようになります。
フレームアーキテクトの体型を変更できる「アペンドフレーム」は、肩幅や股関節幅の延長が可能。

【ギミック】
甲冑風アーマーAの取り付け部は3mm接続となっており、フレームアーキテクトの胸部を強化するアーマーとして使用することが可能です。
甲冑風アーマーBは付属の拡張ジョイントを使用して、フレームアーキテクトを始めとした様々なアイテムに使用することができます。
アペンドフレームは別売りのフレームアーキテクトと組み合わせることによって真価を発揮。
一部ジョイントの接続部に“ヘキサグラムシステム”を採用したことにより、「3mmジョイント」と「5mmジョイント」を選択できるようになります。

【付属品】

  • 甲冑風アーマーA(フレームアーキテクト胴部用)×1式
  • 甲冑風アーマーB(フレームアーキテクト肩部用)×2
  • 分割式装甲×1
  • 装甲取り付け用拡張ジョイント×1式
  • フレームアーキテクト用アペンドフレーム×1式


  • 【商品仕様】
  • スケール:NON
  • 製品サイズ:全長約10mm~35mm
  • 製品仕様:プラモデル
  • パーツ数:1~50
  • 素材:PS
  • 原型製作:桑村佑一
  • パッケージサイズ:幅145×高さ260(mm)


  • (C) KOTOBUKIYA



    (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ08 エクスアーマーB【MJ08】 プラモデル コトブキヤ

    導入実績(2021年10月31日)
    国内:2,360
    海外:912
    • Asprovaによる「計画作成効率化」

      計画立案がスピードアップし、迅速かつ
      正確な納期回答により機会損失を減らせます。

    • Asprovaによる「見える化」

      将来の設備負荷状況を把握できるため、シフト変更や外注等、早めの対応が可能になります。

    • Asprovaによる「在庫削減」

      生産計画の精度を高めることで、
      資源を最大限に活用できるようになります。

    • Asprovaによる「工程情報の共有化」

      工程情報を全社的に共有することで、トラブルが発生した際にも柔軟に対応できます。

    アスプローバへのお問合せ